パキシルの副作用による性欲低下(性機能障害)

パキシルの副作用

パキシルの副作用で性欲が低下する事があります。男にとっては死活問題。

 

 

だって人間の3大欲の1つとされているからです。

 

 

性欲が無くなるといずれは少子化につながるでしょう。

 

 

これは大げさな話ではありません。

 

 

ではパキシル副作用の性欲減退について
実体験を含めながら書いて行きます。

 

 

 

 

パキシル副作用で性欲が無くなる理由

 

パキシルで最も多い性機能障害は
性欲低下・勃起障害・オーガズム障害になります。

 

 

パキシル以外の抗うつ剤全般で性機能障害は起きるとされています。

 

 

 

これはパートナーがいる方には今後の付き合い方にも関わってくる問題なので真剣に捉えないといけないですよね。

 

 

 

 

ではパキシル副作用で起きる性欲低下は
何が原因で起きるのでしょうか。

 

 

 

 

パキシル副作用で性欲が無くなる原因

 

パキシル服用で性欲が低下する明確な原因は解明されていません。

 

 

 

ですがセロトニンが関係していることは間違いありません。

 

 

 

 

セロトニンの影響力ってすごいですよね。
性欲まで関係してくるんですから。

 

 

 

これはあくまでも予想ですがパキシルの副作用で性欲低下があるということは、少数だとは思いますが性欲増強というのもあるのではないかと思ってしまいます。

 

 

 

有りそうじゃないですか?

 

 

 

それはそれで問題ですが(笑)

 

 

 

 

パキシル以外の性欲低下させる薬

 

 

これを見るとSSRIと呼ばれる薬で性欲低下がみられます。

 

 

パキシルなんて70%も有りますからね。

 

 

 

 

この性欲低下だけを見ればパキシルの割合は高いですが他の副作用(吐き気・倦怠感など)ではパキシルの割合が少ないものもあります。

 

 

 

ようするに薬や人によって症状が様々ということになります。

 

 

 

まずは主治医の処方された薬を試して自分にあっているか相談しながら治療するというのが一番の近道なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

パキシル副作用 性欲〜体験記〜

 

 

パキシル服用歴12年のパキ3の場合、性欲低下は顕著に出ました。

 

 

 

もともと性欲自体は強くなく人並みくらいだったんですがパキシルを服用し始めてだんだん性欲は低下して行きました。

 

 

 

幸いパートナーも理解してもらっているのでそこまで問題にならず今でもいます。

 

 

 

でもうつ・パニックで症状に中々現れるものではありません。

 

 

風邪や怪我であれば一目で分かるんで説明しやすいんですがうつ・パニックはなかなか説明って難しいですよね。

 

 

 

もし、うつ・パニックで説明が難しいのであれば通院している病院に一緒に連れて行くというのも1つの手かもしれません。

 

 

 

パキシルだけに頼らないと決めた管理人が初めて
サプリメントを試しました。

 

その効果はいかに!!!

 

 

 

パキシル副作用の関連記事はこちら

 

→パキシルの副作用で本当に太るの?
→パキシルの副作用で吐き気は?
→パキシルの副作用で攻撃的になったりする?
→パキシルの副作用で起きなる極度の眠気!
→パキシルの副作用で記憶障害って起きる?
→パキシルの副作用で起きる不眠は治る?
→パキシルの副作用で起きる頭痛にバファリン有り?
→パキシルの副作用で寝汗?本当に副作用?
→パキシルの副作用で血圧異常?
→パキシルの副作用で便秘になる恐れも?
→パキシルの副作用で下痢もあるよ!