パキシルの効果・副作用・離脱症状(減薬)の体験記!

パキシル離脱症状〜頭痛〜

パキシルの減薬や断薬に伴う離脱症状で
頭痛がひどいという方がいます。

 

 

これはパキシルの副作用でも起きる症状の1つでもあります。

 

 

 

では離脱症状で起きる頭痛には頭痛薬を
使用していいのでしょうか。

 

 

 

パキシルの頭痛の離脱症状について書きます。

 

 

 

 

パキシル 離脱症状 頭痛薬

 

パキシルの離脱症状が起きる原因として
減薬・断薬することによって血中の薬の量が
減るからとされています。

 

 

 

普段血中に入っている量が急に少なくなると
脳がパニック状態になり身体に痛みや不調を起こすんです。

 

 

 

 

ですのでパキシルの量は急激に増やしたり
減らしたりするのはダメなんです。

 

 

 

 

ですがゆっくり減薬してもその時の体調などで
離脱症状の頭痛が起きることがあります。

 

 

 

この場合は時間の経過ともに落ち着くのが
殆どですが人によって頭痛がひどい方もいます。

 

 

 

 

その場合は主治医に相談の上頭痛薬を処方して
もらって下さい。

 

 

関連記事

 

・離脱症状「シャンビリ」
・離脱症状「不安感」
・離脱症状「動悸」
・離脱症状「イライラ」
・離脱症状「頭痛」
・離脱症状「吐き気」
・離脱症状「めまい」
・離脱症状「悪夢」
・離脱症状の対処法は?