パキシルの作用・副作用・離脱症状をまとめサイトです。

パキシルCR錠の特徴

 

 

パキシルCR錠は2012年にグラクソ・スミスクライン社が
発売した抗うつ剤です。

 

 

あれ?パキシルと同じ抗うつ剤じゃんと思う方が
いると思います。

 

 

 

ではどんな作用があるんでしょうか。

 

 

 

パキシルCRとは簡単にいうと「パキシルの改良型」なんです。

 

 

 

薬も当たり前ですが改良されます。

 

 

ではパキシルとパキシルCR違いを説明します。

 

 

 

今までのパキシルは飲んでから血中濃度が急激に上昇
その後急激に下降していきます。

 

 

 

血中濃度が急激に変動すると身体がその変化に対応できないため、
副作用や離脱症状が起きやすくなります。

 

 

 

パキシルが体に急に入って来たり出て行ったりするので
副作用や離脱症状起きやすかったんです。

 

 

 

 

それらを解決する為に作られたのがパキシルCRになります。

 

 

 

 

 

パキシルCRはここが改良された!

 

 

パキシルCRパキシル比べてゆるやかに体内
吸収されるようになりました。

 

 

 

ゆっくりと体内で溶け出して、ゆっくりと吸収されるので
薬の血中濃度の変動が緩やかになります。

 

 

 

ということは血中濃度が緩やかに上昇下降するので
理論上では急激な血中濃度の上昇下降で起きる
副作用や離脱症状起きにくいことになります。

 

 

 

副作用や離脱症状で悩んでいる方には朗報ですよね。

 

 

 

でもパキシルを飲んでて急にパキシルCRに変えても
大丈夫なんでしょうか。

 

 

 

そこも調べました。

 

 

 

 

結果は問題ないとのことです。

 

 

 

 

パキシルからパキシルCRに変更してもデメリット
無いということです。

 

 

 

むしろ副作用・離脱症状が緩和されるということで
メリットしかないということです。

 

 

 

これはパキシル・パキシルCRの販売会社
グラクソ・スミスクライン社も言っています。

 

 

 

 

もしこれからパキシルを服用するか悩んでいる方や
パキシルの減薬を挑戦しようと考えているが離脱症状が
怖く踏み切れない方は、パキシルCRに変えてみると
いいかもしれません。

 

 

 

主治医に相談して見て下さい。

 

 

 

 

 

パキシルcrの服用方法は?

 

 

パキシルからパキシルCRに変更した場合は
主治医や薬剤師からも説明があると思いますが
量が若干異なります。

 

*成分などは変わりません。薬の量・重さです。

 

 

パキシル10mg相当量がパキシルCRでは12.5mgになります。

 

 

パキシル10mgを飲んでいるのでしたらパキシルCR12.5mgに
パキシル20mgを飲んでいるのでしたらパキシルCR25mgに
パキシル40mgを飲んでいるのでしたらパキシルCR50mgに

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

パキシルとパキシルCRの違いは容量だけですので
飲み方や効果などは全て一緒です。

 

 

 

 

パキシルCRとパキシルの違いまとめ

 

 

●パキシルCRとパキシルの成分や効果は一緒。

 

 

●パキシルCRはゆっくり体内に溶け込みように改良。

 

 

●パキシルより副作用・離脱症状が少なく改良。

 

 

●パキシルからパキシルCRに突然変えても問題なし。

 

 

●パキシルCRのジェネリックは発売されていないので
 パロキセチンを服用しているのであれば少し高めに
 なる。

 

 

パキシルとパキシルCRをまとめる上記のことが挙げられます。

 

 

 

パキシル副作用が怖くて服用をためらっている方や
パキシル服用中減薬・断薬を挑戦したい
離脱症状怖くて挑戦できない方などに
パキシルCRは合っているのではないでしょうか。

 

 

 

これらも全て主治医との相談が必要になってきます。

 

 

ですので、今悩んでいることをまとめて主治医に相談
して見てください。

 

 

 

決して自分の判断で減薬・断薬はしないようにして下さい。