パキシルの作用・副作用・離脱症状をまとめサイトです。

パキシルの副作用による吐き気

 

 

パキシルの服用で吐き気があります。

 

 

この吐き気パキシルの副作用で代表される
ものの1つになります。

 

 

パキシルの代表的な副作用の1つでは
ありますが、必ず吐き気が出るという訳ではありません。

 

 

 

当たり前ですが吐き気が出ない人ももちろんいます。

 

 

 

ですので参考程度に見てください。

 

 

 

 

パキシルの副作用、吐き気はなぜ起きる?

 

ではなぜパキシルを服用すると吐き気
起きるのか。

 

 

 

それはセロトニンが凄く関係しているんです。

 

 

 

えっセロトニンを出すためにパキシル飲んでるんじゃないの?

 

 

と思われると思います。

 

 

 

実はセロトニンは脳には10%しか存在しません。
では残りの90%はどこにあるのか。

 

 

 

それは胃腸に存在するんです。

 

 

 

食べ過ぎたり、異物などを誤飲してしまった場合
それを下痢や吐き気によって外に出そうとします。

 

 

 

その外に出そうとする作用セロトニンが関係しているんです。

 

 

 

簡単に説明すると

 

 

 

胃腸に取って好ましくないものが入ると
胃腸の細胞からセロトニンが分泌されます。

 

 

そのセロトニンが胃腸に好ましくないものが
入ったよと迷走神経という脳に繋がっている神経を刺激して、
嘔吐中枢を刺激し吐き気・下痢を催すというプロセスになります。

 

 

 

 

 

パキシルの副作用、吐き気はいつまで?

 

 

パキシルの副作用吐き気はいつまで続くのか。

 

 

ということですが、副作用は人それぞれなので
一概には言えませんが平均的にパキシル服用後
2日〜3日から始まって2週間前後で収まると言われています。

 

 

 

これはあくまでも目安ですので
吐き気が出ない人もいれば
吐き気が強く出て違う薬に変えた人もいます。

 

 

 

正直試すしかないというのが現状です。

 

 

 

 

 

 

パキシルの副作用、吐き気の対処法は?

 

 

パキシルの副作用で吐き気が強い場合の対処法としては

1、主治医に吐き気止めを処方してもらう。

 

しかし、吐き気止めも気休めにしかなりません。
原因が異物などではない為根本的な解決にならないんです。

 

 

 

2、パキシル服用の量を緩やかにする。
パキシルの副作用は増減のペースが早い時に出ます。

 

増減のペースが緩やかであれば副作用は
出にくいということなんです。

 

 

ですので10mg服用しているのであれば
5mgに減らして見るというのも効果的と言えます。

 

 

3、パキシル以外の薬に変えてもらう。

 

吐き気が強く耐えられないのであれば
他の抗うつ剤に切り替えるというのも選択の1つ。

 

 

 

 

いずれにしても、主治医にまずは相談し
自己判断でも減薬は絶対行わないようにして下さいね。

 

 

 

 

パキシルの副作用、吐き気〜体験記〜

 

パキシル服用歴12年のパキ3の場合ですが
幸い吐き気というのはありませんでした。

 

 

少し胸がムカムカしたようなしないような。

 

 

そんな程度で収まってくれました。

 

 

 

パキシル服用してパキシルでの吐き気というのは
有りませんね。

 

 

他の吐き気ならいっぱいありますけど(笑)

 

 

 

パキシルだけに頼らないと決めた管理人が初めて
サプリメントを試しました。

 

その効果はいかに!!!

 

 

 

 

パキシル副作用の関連記事はこちら

 

→パキシルの副作用で本当に太るの?
→パキシルの副作用で性欲って無くなるの?
→パキシルの副作用で攻撃的になったりする?
→パキシルの副作用で起きなる極度の眠気!
→パキシルの副作用で記憶障害って起きる?
→パキシルの副作用で起きる不眠は治る?
→パキシルの副作用で起きる頭痛にバファリン有り?
→パキシルの副作用で寝汗?本当に副作用?
→パキシルの副作用で血圧異常?
→パキシルの副作用で便秘になる恐れも?
→パキシルの副作用で下痢もあるよ!