パキシルの作用・副作用・離脱症状をまとめサイトです。

パキシル錠とパキシルCR

 

 

 

パキシル錠は2種類あります。

 

2000年に発売された「パキシル錠」

 

2012年に発売された「パキシルCR錠」

です。

 

 

 

 

 

パキシル錠は5mg・10mg・20mg

 

パキシルCR錠は12.5mg・25mg

 

 

となっています。

 

 

 

 

パキシル錠・パキシルCR錠もどちらも
SSRIに分類される抗うつ薬になります。

 

 

 

 

 

 

パキシル錠とパキシルCR錠

 

パキシル錠

パキシル錠は当初は10mgと20mgのみ
でしたが、副作用や離脱症状強いということから
増減しやすいように2010年5mgも発売されました。

 

 

 

また、パキシルジェネリックに発売され
薬も以前より求めやすい価格になっている。

 

 

 

正直、風邪薬とは違いすぐに治るというものではなく、

 

長期間服用する薬ですのでジェネリックの発売は
パキシル服用患者に取っては薬の負担が減ることになります。

 

 

パキシルとジェネリックは成分・効能ともに同じです。

 

しかしジェネリックに変えてから体調が悪くなったなどの
報告があるようですが、

 

うつ病やパニックなどはデリケートな
病気ですので思い込みなどでも体調が変わります。

 

不安な場合で金銭的に気にしない場合はパキシルのままで私はいいと思います。

 

 

 

 

パキシルCR錠
パキシルCR錠12,5mgと25mgの種類に
なります。

 

 

 

パキシルCR錠は2012年に発売されまだ
ジェネリックは出ていません。

 

 

 

このパキシルCR錠の特徴としましては
薬の成分が血中に浸透するまで時間が
かかるという特徴があります。

 

 

 

血中に浸透するのに時間がかかるとどいうメリットがあるか、
副作用や離脱症状が軽減できる可能性がある、ということなんです。

 

 

 

詳しくはパキシルとパキシルCRの違い
書いていますので参考にして下さい。

 

 

 

 

効果・効能

 

 

 

パキシル錠の効果効能

うつ病・うつ状態、パニック障害
強迫性障害、社会不安障害

 

 

パキシルCR錠 効果効能

うつ病・うつ状態

 

 

薬の成分や効果・効能はどちらも
変わりません。

 

 

 

ではパキシルCR錠うつ病・うつ状態のみ
なのでしょうか。

 

 

 

パキシルを開発したグラクソ・スミスクライン社によると

 

 

「承認が早くおりるように適応を絞った為」

 

 

ということでした。

 

 

 

 

パキシル錠・パキシルCR錠の副作用

 

 

パキシル錠はSSRIの中で副作用が出やすい
されています。

 

 

 

もちろん副作用が出ないことも多いです。

 

 

 

どんな副作用があるかこちらで詳しく
まとめているますので参考にして下さい。

 

 

*パキシルの副作用一覧はこちら!

 

 

 

パキシル錠とパキシルCR錠の注意点

 

18歳未満の未成年への使用はかなり注意が
必要になります。

 

 

 

7〜18歳重いうつ病を対象とした臨床試験において、
有効性が確認できないばかりか、
かえって悪い結果を生むおそれがあると報告されています。

 

 

 

ですので未成年の場合は主治医に良く相談し、
セカンドオピニオンも利用した方がいいかもしれませんね。