パキシルの作用・副作用・離脱症状をまとめサイトです。

パキシルの離脱症状〜シャンビリ〜

 

 

 

パキシルの離脱症状の検索をするとシャンビリという
キーワードが良くでます。他のサイトやブログでも
離脱症状シャンビリが凄いという書き込みも多いです。

 

 

 

 

ではパキシル離脱症状の1つであるシャンビリというのは
どういった症状なのでしょうか。

 

 

 

その前にパキシルの離脱症状はどうして起きるのか
パキシルの離脱症状が起きる理由とは。

 

 

 

パキシルの離脱症状〜シャンビリ〜

 

シャンビリという離脱症状は患者の中での
造語にあたります。

 

 

なぜシャンビリと呼ばれるですが、
パキシルの離脱症状で、

 

 

耳鳴りがシャンシャン鳴り
(金属音のような感じ)

 

手足がビリビリしびれる。
(電気ショックような感じ)

 

 

という症状から「シャンビリ」と呼ばれています。
専門用語ではありません。

 

 

 

パキシルの離脱症状〜シャンビリ〜いつまで続く?

 

パキシルに限らず抗うつ剤は離脱症状が出る場合が
殆どです。

 

 

減薬や断薬した場合に離脱症状が出る場合が
多いんですが、離脱症状が出た場合はシャンビリ
含めてどのくらい続くのでしょうか。

 

 

 

パキシルの離脱症状については明確な期間はありません。
ですので、どのくらいの期間で収まるというのはないんです。

 

 

 

しかし、断薬・減薬した方の話や主治医の話に
よると、早い人は1週間から2週間。

 

 

 

長い人だと数ヶ月続いた人もいるとのこと。

 

 

 

数ヶ月続いた人は同じ症状がずっと一定に続いた訳では
ありません。

 

 

 

逆に離脱症状が軽い人や出ない人もいます。

 

 

 

本当に人それぞれなんです。

 

 

>>>私の減薬体験記はこちら

 

 

 

 

離脱症状が起きたからと言ってパキシル
止められないという訳ではありませんので、安心して下さいね。