パキシルの効果発現はどのくらい?実体験で見えた事。

パキシルの効果発現はどのくらい?実体験で見えた事。

 

 

うつやパニックの症状って本当につらいですよね。正直この辛さってうつやパニックになってる人やなった事がある人じゃないとこの辛さは分かりません。

 

 

目に見えるものでは無いので特に辛いです。

 

 

そんな苦しみから早く解放されたいと思い服用するのがパキシルのような抗うつ剤になります。

 

 

ではパキシル効果発現の期間はどのくらいになるのでしょうか。

 

 

メーカー発表の効果発現と実体験を元にパキシルの効果発現を書いて行こうと思います。

 

 

*この記事・サイトは自分の実体験を元に書いておりますのでうつ・パニックの治療や効果などは専門医の指示に従って下さい。

 

 

 

パキシルの効果発現は?

 

 

抗うつ剤としてもっとも有名なのがパキシルになります。

 

ではパキシルはのくらいで効果発現があるのでしょうか。

 

 

パキシルのメーカーによると臨床などによると大体14日(2週間)で効果が出るとされています。

 

 

 

近況日記でも書いていますが私も効果発現が出るのに14日(2週間)はかかりました。

 

危うくというか国内最強の抗うつ剤を使用するところでした(笑)
*その時の記事はこちら←

 

 

ですがこのパキシル効果発現は人それぞれというのが現状です。

 

 

人によっては数日〜2ヶ月とかなり幅が広いのが現状です。

 

 

 

パキシルはセロトニンの分泌を促す薬ですが確実に一定量セロトニンを分泌される訳ではないので安定しません。

 

 

 

そのようなことも有り非常に個人差がある薬となります。

 

 

 

私にとってはパキシルは効果的

 

パキシルも含め抗うつ剤は上記でも書きましたが非常に個人差がある薬になります。

 

 

 

ですので抗うつ剤の処方に関してはしっかり主治医の指示に従って下さい。

 

 

 

今から書くことは私個人の実体験の感想ですので参考程度に読んでくださいね。

 

 

 

パキシル私に取っては相性がいい抗うつ剤になりました。

 

 

辛かったうつ・パニック症状を和らげてくれているのはパキシルと実感しています。

 

 

近況日記にも書いてますがある事が起きてからここ1年パニック以上にうつ症状が強くなっていました。

 

 

パキシル減薬・断薬を目標に沖縄に移住したんですが逆に体調を崩しパキシルの量が増えるという事態になりました。

 

 

 

ですが体調安定があっての減薬・減薬だと思ってましたのでパキシル最大限の40mgまで増やす事を決意。

 

 

パキシルを増薬して14日間後嘘のように体調が落ち着いたんです。気持ちも晴れやかになりました。

 

 

改めてパキシルの効果ってすごいな実感した1年でした。

 

 

 

パキシルってネット上で結構悪者扱いではありませんか?

・副作用が強くて辛い
・一度飲むと依存性が強い
・離脱症状が強くて止められない

などなど

 

 

でも実際は効果が出てるから日本で一番使われている抗うつ剤なんだと思います。

 

 

だからこそ悪評を書く人が多いのではないでしょうか。

 

 

 

そしてほんの一握りの方が書いた悪評を読んで不安になりパキシルをためらう人が実際多いようです。

 

 

私にもメールでパキシルの悪評について相談がありました。

 

 

 

今パニックやうつ病などの精神疾患で辛い思いをしてる方周りから理解を得られない方は主治医をを信じて、主治医の指示に従ってパキシルを服用してもいいと思います。

 

 

 

私は今回改めてパキシルの効果実感しました。もしネットのパキシルの悪評を見てパキシル服用をためらってる人がいるなら、パキシルによって症状が安定したと言う人の方が大多数だと思って下さいね。