パキシルの離脱症状を緩和させる方法は?

パキシルの離脱症状を緩和させる方法!

パキシル離脱症状はつらいですよね。パキシルの離脱症状も強く出る人も入れば出ない人も。

 

 

それだけパキシルは難しい薬とも言えます。

 

 

ですがパキシルを正しく服用すれば決して悪い薬ではないので安心して下さいね。

 

 

今回はパキシルの離脱症状の緩和について書いて行こうと思います。

 

 

 

辛い離脱症状緩和すれば一気に不安がなくなりますよね。

 

 

 

ではパキシルの離脱症状の緩和について見て行きましょう。

 

 

 

 

 

パキシル離脱症状を緩和させる方法。

 

 

 

パキシル離脱症状と言っても色んな症状がでます。

 

 

代表的な離脱症状だとシャンビリが有名ですよね。

 

 

 

耳鳴りがひどく「シャンシャン」いって手足に電気が流れたように「ビリビリ」。

 

 

 

考えただけで恐怖を感じるかたもいるかもしれません。

 

 

 

パキシルの離脱症状についてまとめ記事はこちら

 

 

 

 

ではパキシルの離脱症状を緩和させる方法をご紹介します。

 

 

 

・・

 

・・・

 

 

 

すみません。離脱症状が出てしまった場合緩和させる方法は1つしかありません。

 

 

 

それは増薬です。

 

 

 

 

パキシルを元の量まで戻すこと。

 

 

 

そしてそれ以上に怖いのが元の量よりパキシルが増えてしまうことです。

 

 

 

 

パキシルの量を減らしたいのに逆に増える、本末転倒ですよね。

 

 

 

 

でも離脱症状がひどくて減量前より増えるってことはよくある事なんです。

 

 

 

 

それだけパキシルの減量は辛いのかと思われる方がいると思いますがしっかり段階を踏めば大丈夫です。

 

 

 

 

パキシルの離脱症状を抑える方法

 

 

では出来るだけパキシルの離脱症状を出ないようにまた緩和させるにはどうすればいいのか。

 

 

 

それは減薬する前からしっかり計画を経てることが非常に大事になります。

 

 

 

 

ここからは主治医としっかり相談の元行って下さい。

 

 

 

 

パキシル断薬までのスケジュール

 

 

 

パキシルを断薬するには非常に時間がかかります。うつ病やパニックと同じですよね。

 

 

時間がかかるんです。ですので焦りは禁物です。

 

 

早くパキシルを減らしたい、断薬したいと想う気持ちを抑えてゆっくり5mgから初めてゴールを思い描くことが大事になってきます。

 

 

100か0かではダメなんです。

 

 

 

 

 

パキシルを変える

 

 

これはパキシルからパキシルCRに変更してから減薬するということ。

 

 

 

パキシルCR錠はパキシルと違って副作用や離脱症状が出にくいという特徴があります。

 

 

 

パキシルCRの成分はパキシルと成分は一緒なので問題なく使えます。

 

パキシルCR錠の詳しい記事はこちら

 

 

 

ですのでパキシルCRに変えてから減薬に挑戦する。

 

 

 

 

パキシルとサプリメント

 

 

パキシルを減らすと起きる離脱症状。

 

 

パキシルの成分が血中に溶けて脳に運ばれるんですが、毎日血中に溶け込んでいる量が減薬したことによって減り脳がパニックを起こして離脱症状が起きます。

 

 

 

ですがサプリメントを飲むことによりパキシルの減薬で減った成分をサプリメントで補うというやり方です。

 

 

 

サプリメントは薬では無く加工食品に当てはまりますので、副作用も無ければ体に害は有りません。

 

 

 

自然食品なので当たり前ですよね。

 

 

 

薬に少し不安感がある方はサプリメントはおすすめします。

 

 

 

実際に管理人も試してみました。

 

 

↓↓↓

 

>>>管理人が初めてサプリメントを試して見た結果。

 

 

 

 

 

パキシルの離脱症状を緩和させる〜まとめ〜

 

 

パキシルの離脱症状を緩和させることについて
今回は書きました。

 

 

 

結果、パキシルの離脱症状が起きてからでは緩和させる方法は増薬しかありません。

 

 

 

離脱症状を抑えるには減薬までのスケジュール管理が非常に大事になってきます。

 

 

 

パキシルの減薬はうつ病・パニックと同じですぐには減薬・断薬は出来ません。

 

 

 

ですので焦らずゆっくりスケジュールを立てることがパキシル減薬・断薬の近道になります。

 

 

 

 

 

上記でも書きましたが管理人が初めて薬以外のものに挑戦して見ました。

 

 

是非、見てくださいね!