パキシルの副作用による頭痛

パキシルの副作用による頭痛

 

パキシルの副作用に頭を感じる人がいらっしゃいます。

 

 

通用の頭痛とはことなりパキシルの副作用による頭痛ですのでメカニズムが事なります。

 

 

 

ではパキシルの副作用による頭痛はどのようなに起きるのかまた頭痛への対処法を見てきましょう。

 

 

 

 

 

パキシルの副作用による頭痛

 

パキシルの副作用による頭痛はどうして起きるか。

 

 

やはりセロトニンが関係してきます。

 

 

 

セロトニンって幸せホルモンっていうけど
結構副作用や離脱症状などにも深くかかわり体調崩しますよね。

 

 

 

パキシルを服用するとセロトニンの分泌量が
増減します。

 

 

そうすると脳内の叉神経のバランスがおかしくなり頭痛やめまいが起きるんです。

 

 

 

具体的に言うとセロトニンが急に流れ込むと血管の膨張・収縮が起き、それに伴い血管を取り巻く神経が圧迫されるからです。

 

 

 

パキシルによってセロトニンの分泌を促さますが
セロトニンの量を調節することが出来る訳ではないので副作用が起きるという訳です。

 

 

 

 

 

パキシルの副作用による頭痛の対処法

 

 

パキシルの副作用での頭痛であれば基本は2週間で治まるので不快かもしれませんが経過観察になります。

 

 

 

2週間経っても頭痛が激しい場合や耐えられないくらいの頭痛が起きる場合は主治医の相談の上、頭痛薬を処方してもらうかパキシルから違う抗うつ剤に変更してもらうことをおススメします。

 

パキシルだけに頼らないと決めた管理人が初めて
サプリメントを試しました。

 

その効果はいかに!!!

 

 

 

 

パキシル副作用の関連記事はこちら

 

→パキシルの副作用で本当に太るの?
→パキシルの副作用で吐き気は?
→パキシルの副作用で性欲って無くなるの?
→パキシルの副作用で攻撃的になったりする?
→パキシルの副作用で起きなる極度の眠気!
→パキシルの副作用で記憶障害って起きる?
→パキシルの副作用で起きる不眠は治る?
→パキシルの副作用で寝汗?本当に副作用?
→パキシルの副作用で血圧異常?
→パキシルの副作用で便秘になる恐れも?
→パキシルの副作用で下痢もあるよ!