パキシルの効果・副作用・離脱症状(減薬)の体験記!

パキシルの離脱症状 〜イライラ〜

 

パキシルの減薬に伴う離脱症状でイライラが
増すという報告があります。

 

 

 

私もそうでしたがパキシルを減薬時に
イライラが増したということがありました。

 

 

 

 

いつもイライラしないことでもすぐに
カっとなったり周りには迷惑をかけた部分があります。

 

 

 

 

しかしパキシルの減薬によるイライラは
目安ではありますが2週間で収まります。

 

*あくまでも目安です。

 

 

 

パキシルの副作用でも説明しましたが
イライラが起きる原因はセロトニンに原因があります。

 

 

 

パキシルはセロトニンを促す薬なのになぜと
思う方がいると思いますが・・・

 

>>>副作用のセロトニンによるイライラ記事はこちら

 

 

 

 

 

 

パキシルの離脱症状 イライラ〜体験記〜

 

私は今もパキシルを服用し減薬に挑戦しています。

 

 

 

徐々に減薬していますが30mg〜25mgに
減らした時少しだけ離脱症状に伴うイライラ
発生しました。

 

 

 

今までイライラしなかったことに
急にイライラするようになったです。

 

 

 

自分でも何が何だかわからずとりあえず
1人になっていました。

 

 

 

その前から離脱症状で眠気と不安感が少し
あったのでそれに伴うものかもしれません。

 

 

 

自分でも少しびっくりしました。

 

 

 

 

しかしそのイライラも私の場合は2日間で
治まりました。

 

 

 

 

イライラ副作用の時の方が強かったように
思います。

 

 

関連記事

 

・離脱症状「シャンビリ」
・離脱症状「不安感」
・離脱症状「動悸」
・離脱症状「イライラ」
・離脱症状「頭痛」
・離脱症状「吐き気」
・離脱症状「めまい」
・離脱症状「悪夢」
・離脱症状の対処法は?