パキシルの効果・副作用・離脱症状(減薬)の体験記!

パキシル効きすぎで眠気がヤバい!

 

パキシルの副作用や離脱症状で多くみられる
のが眠気です。

 

 

パキシルだけでは無く全般に当てはまるので
無いかと思われる眠気。

 

 

 

中に眠気が効きすぎてヤバいという方も
多くいらっしゃいます。

 

 

 

その中の1人は私も当てはまります。

 

 

 

私の体験談も含めパキシルが効きすぎて
眠気がヤバいという方に乗り越える方法を
教えて頂きます。

 

 

 

 

パキシルが眠くなる理由

 

パキシルに限らず抗うつ剤全般眠気が
出るという副作用は非常に多いです。

 

 

 

人それぞれですが全体の

 

 

 

ではパキシルを服用すると眠気が
でるのでしょうか。

 

 

 

それはヒスタミン1が関係しているんです。

 

 

 

パキシルがヒスタミン1の活動を抑えて
しまうんです。

 

 

これを抗ヒスタミン作用といいます。

 

 

 

 

ヒスタミン1は覚醒反応を促す神経伝達物質
ですがパキシルがその作用を抑えると眠りモードに
入ってしますという訳なんです。

 

 

 

抗ヒスタミン作用がある薬はパキシル
だけではありません。

 

 

 

市販されているアレルギー薬にも
入っています。

 

 

 

ヒスタミンを抑えることによって
アレルギー症状を和らげるということなんです。

 

 

 

 

 

 

パキシル効きすぎで眠気がヤバい時の対処法

 

パキシルの副作用が出て眠気がヤバい時の
対処法はこちらです。

 

 

 

 

・少し様子をみる。

 

・増薬・減薬を緩めるか一旦中止する。

 

・生活リズムを見直す

 

・パキシルの服用時間を変える。

 

・パキシル意外の抗うつ剤に変更する。

 

・パキシル以外での原因を調べて見える。

 

 

上記のことが上がられます。
詳しくはこちらで書いてあります、。

 

 

 

 

パキシル効きすぎで眠気がヤバい〜まとめ〜

 

 

仕事や生活に支障をきたすくらいの
眠気が毎日長時間続く場合は、
1度主治医に相談して下さい。

 

 

 

 

主治医と相談した上でパキシルを変えるか
増薬・減薬を調整するかになると思います。

 

 

 

一言言えるのはパキシルを服用すると
眠気という副作用は起きるということです。