パキシル服用時の飲酒は危険?

パキシル服用時のアルコール摂取について

 

パキシルを服用するとお酒のようなアルコールは
止めなくてはいけないのでしょうか。

 

 

この記事はパキシルと酒・アルコールに
ついて書いてきます。

 

 

 

たぶん気になる人は多いと思います。

 

 

私もそうでしたから(笑)

 

 

 

 

ではパキシルと酒・アルコールについて
行きましょう。

 

 

 

 

パキシルとアルコール・酒

 

 

結論から先に言いますとパキシルを服用している
方は、アルコール・酒は止めた方がいいという事です。

 

 

 

医者の方全てとは言いませんが、
かなりの確率で酒は止めた方がいいと言うでしょう。

 

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

 

医者が「アルコールを飲んでいいよ」なんて
言わないですよね。

 

 

 

 

基本、パキシルに限らず薬を服用していたら
酒・アルコールは止めた方がいいと言われますよね。

 

 

 

 

パキシル服用時酒・アルコールがダメな理由!

 

パキシル服用時、酒・アルコールの飲酒が駄目な理由
ですが、酒・アルコールを摂取すると、パキシルの
作用を不安定にしてしまうんです。

 

 

 

アルコールが薬を分解する代謝酵素の活性を
不安定にする。

 

 

その為パキシルの血中濃度も不安定になり、
抗うつ作用が効きすぎたり、効かなかったりと
体調も不安定になるんです。

 

 

 

 

ということで出来るだけ酒・アルコールは
摂取しないようにした方がいいですね。

 

 

 

それでも飲んでしまう時はあると思います。

 

 

 

その時は素直に主治医に酒・アルコール
飲んだことをしっかりと伝えましょう。

 

 

 

 

なぜ報告が必要か。

 

 

 

 

それはうつ病やパニックなどの精神疾患は
目に見えないからなんです。

 

 

 

患者さんから症状を聞かないと
適切な治療が出来ないからなんです。

 

 

 

酒・アルコールでパキシルの作用が低下し
症状が安定しないのにもかかわらず、

 

 

飲酒の事実を告げないと、薬の量を増やされたり
別の薬を処方されたりする場合があります。

 

 

 

その場合、うつ病・パニックの治療も時間が
かかてします。

 

 

 

ですので酒・アルコールを摂取した場合は
主治医には嘘をつかず正直に話をしましょう。

 

 

 

 

 

 

パキシル酒・アルコール〜体験記〜

 

 

 

私は以前、営業として働いていました。

 

 

 

契約を取る為に、昼間の営業活動のみならず
接待という酒の席を設けて日々営業をしていた
からです。

 

 

 

酒の席も仕事!

 

 

そんな営業スタイルでしたので
酒が飲めなくなるというのは
1つの営業手段が無くなるということ。

 

 

 

それは私に取っては一大事でした。

 

 

 

今考えると酒の席以外でも全然仕事は
出来るんですけど。

 

 

 

当時は未熟ということもあり酒の席しか
ありませんでした。

 

 

 

 

ここで酒・アルコールが飲めなく仕事が
取れない・・・

 

 

と当時の主治医に懇願した所、

 

 

「普通に飲んでいいよ」

 

 

え?

 

 

 

ネットとか医療関係の本で酒・アルコールは
良くないって書いてあるですけど・・・

 

 

 

とはつっこまず、私として

 

 

 

「医者がいいって言ってるからいいや」

 

 

 

という妙な安心感を得た記憶があります(笑)

 

 

 

 

そんなことで、もともと酒も好きだったので
仕事以外でも普通に飲んでいました。

 

 

 

 

酒・アルコールで体調が悪いということは
特にありませんでしたね。

 

 

 

でも、二日酔いが年を追うごとに辛くなって
きたように思えます。

 

 

 

あっ歳のせいか(笑)

 

 

 

ですが最近になって酒を飲んだその日は絶対に
悪夢を見るようになりました。

 

 

 

例えば、誰かが死ぬ夢や懲役16年の判決を受ける夢など
現実的ではありませんが疲れが全く取れないんです。

 

 

言うまでも無く次の日は調子が悪くぼけっと過ごしています。

 

 

この悪夢を見る現象は本当に最近なので
パキシルとは関係ないかもしれません。

 

 

むしろ本質のうつ・パニックがひどくなってしまった
原因だと思っています。
うつ・パニックが酷くなった原因はこちら

 

 

 

ということで自己判断ではありますが
私は酒・アルコールを飲んだからと言って
昔は対して変わりませんでした。

 

 

 

仕事がら酒の付き合いが多いという方は
正直に主治医に伝えて判断をあおって下さいね。